フォト
無料ブログはココログ

喘息のせいで・・・

もとはといえば、風邪をひいただけだった。
その後遺症に3月まで悩まされるとは…。

鼻詰まりがだんだん、ひどくなっていき、薬がきれると鼻呼吸がまるで出来なくなる。
口呼吸をすればいいのだろうけど、まるで鼻から空気が入らないと、口呼吸もそんなに楽ではなく、喉がひりひりと渇いていくだけ。
またモノを食べたり飲んだりというのも、喉につっかかりそうでうまくいかなくなる。
耳鼻科で処方してもらった最初の薬を二週間続けても症状はまるで変わらなかった。
そして薬を替えてさらに二週間。
やっぱり症状は変わらず、むしろ点鼻薬がどんどん効かなくなっていく。
1日4回というのが守れなくなり、ついに薬をさしてもさしても、鼻呼吸ができなくなり、1日7回も使ってしまった。
頭はボーッとしてくるし、喉の奥は引きつるし、もうパニック。
段々、息が出来なくなっていくという点では喘息の発作と似ているかも。

そしてまた耳鼻科へ。
とりあえず、この苦しさをなんとかして欲しいだけ。

「ん~。薬はあることはあるんだけど、それを使うと喘息の発作がでてしまうんでね。 患者さんの身体の負担になることはしたくないしね…」

喘息の発作がでてもいいから薬が欲しいと思った。
私の場合、副鼻腔炎自体は軽いものらしい。
ただそれに時期的に花粉症がプラスされ、さらに喘息があるおかげで、薬が効かないのかもしれない。

また薬を変えた。
これで二週間様子をみることに。
こんどは「小青竜湯」漢方だ。
小青竜湯に期待!

(2008/3/8)

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

元気になるHP

最近のトラックバック