フォト
無料ブログはココログ

« 一幕見のはずが・・・ | トップページ | Amour de 99!!-99年の愛- »

2013年4月15日 (月)

永遠物語

突然ですが、4月6~7日と宝塚村へ行ってきました。
榛名由梨(ショーちゃん)さんの「無法松の一生」を観るために。
母がまだ存命のころにチケットを取っておいたのです。
でもその時は日帰りするつもりだった。
そこまでして観る理由はある。
私が最初に宝塚を観たのはショーちゃんのクラシカル・ショー、そして次に源氏物語ですっかり宝塚の魅力にはまってしまい、今日がある。
そのショーちゃんが東京を引き払い、これからは関西で仕事をするという。
そして舞台生活50周年の節目の舞台。
これはどうしても観なければ・・・とチケットを取ったのだ。

だが母が亡くなり、日帰りする必要がなくなったので、1泊2日で大劇場も観てくることにした。
しかも引越準備の最中のこと。
気分転換にもいいかもしれないと、弟も言ってくれたのででかけた。

この作品は岩下俊作の「富島松五郎伝」が下敷きになっている。
小倉生まれの暴れん坊、松五郎の一生を、宝塚はミュージカルにしてしまった。
さすが草野先生。「永遠物語」というタイトルで、この荒くれ者の優しい心を描き出してくれた。
吉岡大尉夫人に寄せる松五郎の愛。
他人に知られず、つかず離れず、面倒をみていた松五郎。
祭りには大太鼓を打つ松五郎の威勢の良さ!
敏雄が喧嘩を売られたときは、まっすぐに助けに行く。
でもそれがあだになり、敏雄に嫌われてしまった。
それからしばらく姿を消した松五郎。
しばらくして戻ってきた松五郎は人が違ったように静かだった。

雪の降る中、永遠に愛を封じ込め松五郎は逝った。
その後、松五郎が吉岡夫人と敏雄に貯金を残していた。
これが無償の愛というのだろうか。

私も、父に母に、無償の愛をもらった。
でもまだ誰にも返せていない。
母の死がここでダブってきて涙が止まらなかった。

この作品には宝塚OG以外、OSK、劇団ひまわり青年部、花柳寿楽さん等が出演していた。
寿楽さんは振付以外、青年になってからの敏雄も演じていた。
あとは、宝塚なのか、男性なのか、OSKなのかわからないほど、みんな舞台で一体化していた。

終わってから、懐かしい友達たちと食事をする。
もう何年も会っていなかったが、たちまち昔の追っかけをやっていたころのお嬢さんたちに戻って、話は尽きない。
この「永遠物語」、とてもいい作品なので、是非、宝塚以外でもやってほしい。
今、これができるとしたら、松五郎は勘九郎クン、吉岡夫人は七之助クンがいいんじゃないかと思う。

気分転換にはなったが天気がぁぁぁぁぁ。
やっぱりショーちゃんは雨女。
こんな大事な時に大雨と風。
武庫川を渡る橋は、本当に地獄橋だった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 一幕見のはずが・・・ | トップページ | Amour de 99!!-99年の愛- »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

村に行ってきたのですね。それも私が一番すきだったショーちゃんを見に・・・。以前の永遠物語は見ました。今回はいろいろな事情があって見られませんでした。mint
さん見られたのですね。羨ましいです。

村に行ってきたのですね。それも私が一番すきだったショーちゃんを見に・・・。以前の永遠物語は見ました。今回はいろいろな事情があって見られませんでした。mint
さん見られたのですね。羨ましいです。

ショーちゃんもさることながら、やはりこの作品は名作です。
宝塚は夢夢しいところでありながら、このようなものもできる不思議なところ。
ショーちゃんの小倉太鼓をたたく音がまだ耳に残っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059274/51242033

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠物語:

« 一幕見のはずが・・・ | トップページ | Amour de 99!!-99年の愛- »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

元気になるHP

最近のトラックバック