フォト
無料ブログはココログ

« 永遠物語 | トップページ | 声がでない! »

2013年4月16日 (火)

Amour de 99!!-99年の愛-

村2日目は大劇場観劇。
宙組で「モンテ・クリスト伯」「Amour de 99!!-99年の愛-」の二本立て。
久しぶりの大劇場。
やっぱりワクワクするな。
芝居は重厚で、なかなか見ごたえがあった。
ショーは宝塚99年の集大成を、各作家の先生の作品で綴っていくというもの。
舞台には各名場面が映し出され、その懐かしさについ口ずさんでしまう。
そう、宝塚は帰りの花の道を、主題歌を歌いながら帰るというのが小林一三先生のお考えだったはず。
最近のショーについていけないのは、最近のポピュラー(J-POP)についていけないのと同じ理由だろう。(つまり年取ったということ・・・)
宝塚は夢々しくなければならない。
どんな世代もが楽しく、現実の世界を離れ、夢の世界に身体を委ねる場所でなければならない。
これからもこういう芝居、ショーを観せてもらいたい。
こんなにいい作品がたくさんあったのだから、それをこれから100年目へと引き継いでいってほしい。

帰りの新幹線、お弁当とビールで宝塚に乾杯!
今度はいつ来られるのだろう。

*昔、よく通っていたころは水了軒の八角弁当がお気に入りだった。
しかしリニューアルしたら水了軒は新幹線のお弁当売り場から追い出され、ついにつぶれてしまったようだ。
今回は1300円もする幕の内(大阪、京都、名古屋、東京の名産が入っている)を、思い切って買ってしまった。
これはこれで美味しかった。

今度はいつ宝塚へ行けるのだろうか。
夢の世界は近いようで遠い。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 永遠物語 | トップページ | 声がでない! »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059274/51251999

この記事へのトラックバック一覧です: Amour de 99!!-99年の愛-:

« 永遠物語 | トップページ | 声がでない! »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

元気になるHP

最近のトラックバック