フォト
無料ブログはココログ

« 5年目 | トップページ | 寄り道大根 »

2012年12月 3日 (月)

JIN ー仁ー

Jin

東京宝塚劇場雪組公演 JIN-仁ー 
なぜ、さよなら公演でこの作品?
そう雪組トップスター音月桂ちゃんと舞羽美海ちゃんの退団公演なのに。

むかしむかしは・・・・といっても私が追っかけをしていた時代(ミネちゃんからずっと星組ファン)は、トップお披露目公演と退団のさよなら公演は、特別の意味を持つ公演だった。
お披露目の時はそれらしく、これから新しい組になるよという歌舞伎で言う顔見世のようなもの。
さよなら公演は、さよなららしく、お別れをファンや組の子たちにさよならのメッセージを残すような公演で、みんな涙したものだった。
それが最近は関係なく演目が決まっているような気がする。

このJIN-仁ーだって、私は原作は読んでいないがTVではずっと見ていた。
そういう人は多かったのではないだろうか。
江戸時代へタイムスリップした南方仁。
江戸時代で医師として活躍するが、歴史を変えてはいけない。
坂本竜馬の死も知っているが、勝海舟の活躍も知っているが、手を出すことはできない。
そして恋もし、もう、現在に帰らない覚悟をし、咲と結婚を約束するが・・・・。

結局、何かの拍子に現在に戻ってしまう。
そして出会う。江戸時代に恋をした咲の子孫に。
それは脈々と受け継がれていた、当時の仁と咲の愛だったということがいいたいのか。
そういう意味では、たとえトップスターが退団しても、宝塚は永遠だということにつながるのだろうか。
そういう意味でのさくひんなのだろうか。

でも、原作は知らないがTVでの影響が強くて、それぞれの生徒たちの個性がTVと似通ってしまったような気がしてしまうのは私だけだろうか。
以前にも人気ドラマ「相棒」を演ったことがあった。
主役も脇役もTVのドラマをなぞったような演技のような気がした。

せっかくの退団公演、オリジナルの作品で音月クンの彼女の魅力を満載させた、最後の演技が観たかった。

今日はちょい辛の感想になってしまった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 5年目 | トップページ | 寄り道大根 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059274/48060339

この記事へのトラックバック一覧です: JIN ー仁ー:

« 5年目 | トップページ | 寄り道大根 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

元気になるHP

最近のトラックバック