フォト
無料ブログはココログ

« タロットを信じますか? | トップページ | またまた点滴ランチ »

2012年6月 6日 (水)

華やかなりし日々を観て

Dsc00702_2

地下鉄日比谷駅を出る。
今日も暑そうと思い歩きながら、ふと日比谷シャンテの入り口をみると、いつもと様子が違う。
最近の宝塚は観客が入らず、チケットを捌く人が立っているのだが、今日はお財布を抱えている人が立っている。
これはチケットを買おうとしている人々。
ということはチケットは売れているのか?
そんなことを考えながら気付く。そうだ、さよなら公演だ。それも私の気に入っている大空祐飛クンの。
午後が、かんぽの貸切だったせいか、今日は一般は午前の部のみ。
だからチケットを求める人が多かったのか。
中に入ると、いつもは空いている2階席も埋まっている。

ストーリーは、移民の貧しい子が這い上がって大金持ちになるが、偽ダイヤモンドから足がつき、追われる身となり、去っていくというもの。
わたしにとっては、初めての脚本、原田先生。最近はさよなら公演に大御所を使うこともなくなったんだな。
ユウヒくんの恰好よさが存分にあらわれていてファンには垂涎もの。
それにしてもこの組はみんなが歌がうまい。
そしてユウヒくんがトップになった時は大丈夫かなと心配したが、今となっては卒業してしまうのが残念なほど、演技も歌もうまいし、何しろスタイル抜群!
そして凰稀かなめちゃんがイイ!!
いつのまに、もともと上手い役者だったが、スタイルもユウヒくんに負けないほどいい。

ショーはクライマックスという三木先生の作品。
ここでもユウヒくんの素晴らしさが十二分に楽しめる。

久しぶりに楽しかったね、と言って私と友達は劇場を出た。

*余談だが、最初のパーティの部分で、ユウヒくん演じるロナウドの弟分役ニックの北翔海莉クン。お客様を案内するためにドアのそばにいる。
たしかノバボサでもドアボーイだったなと思いだし、懐かしさにちょっとクスッとなってしまった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« タロットを信じますか? | トップページ | またまた点滴ランチ »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059274/45554952

この記事へのトラックバック一覧です: 華やかなりし日々を観て:

« タロットを信じますか? | トップページ | またまた点滴ランチ »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

元気になるHP

最近のトラックバック