フォト
無料ブログはココログ

« しだれ桜 | トップページ | なんだかなぁ »

2011年5月 7日 (土)

バラの国の王子

Baranokishi

月組公演「バラの国の王子」を観てきた。
ディズニー映画や劇団四季の「美女と野獣」のイメージが強くて、あのテーマソングをきりやん(霧矢大夢)で聞きたかったな。

野獣になってしまうとどうしても被り物になるので、背の高さが気になる。
というよりも、もうすこしかつらを宝塚らしく、夢々しい野獣でも良かったのではないだろうか。

とにかく東京宝塚劇場の柿落としでの第一声がきりやんだったのだから、歌には定評があり、そしてまた、ファン(私)も、たくさん、たくさん彼女の歌を聞きたかった。

ストーリー的には、ベル(美女)が野獣(王子)に心を惹かれていく様子があまり描かれていなかった。
唐突に魔法が解けた感じがしてしまう。

ショーは、久しぶりの草野先生の「ONE」。
ForeverTAKARAZUKAの曲がボレロ調になって広がっていく。
懐かしい歌にたくさん出会えて、こちらは思わず口ずさみそうになってしまった。
昔からのファンには必見ですよ!

ゴールデンウィーク特別プレゼントもあり、なぜか飛び出す絵葉書があたってしまった。
こういうのはあたるけれど、チケットとかはちょっと違いの番号で外れてしまうんだなぁ。

「さよならみなさま」の歌に送られて、今回も募金箱へ少し入れた。

疲れてしまったけれど、やっぱり宝塚はいいなぁ。

Postcard_2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« しだれ桜 | トップページ | なんだかなぁ »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

バラの国の王子見てきました。夢があって良かったのですが、やはりお子様向けの様な気がします。5月はこどもの日があるので、昔は宝塚でも童話の様なものをやってましたが、昔見た大滝子さんの長靴をはいた猫の方が良かったな・・・。娘役も北原千琴さんというとんでもなく可愛い人がいてお姫様の役でした。
ショーはこれは良かったです。なつかしさと宝塚らしさがあって。きりやんも良かったけど、明日海りおちゃん良かったですね。彼女は10年に一度の逸材ですね。舞台センス身のこなしルックスどれもいいです。終演後、きりやんが挨拶してるときも、男役の顔を保ってました。彼女がトップになる時、この世にいるかしら?なんてまた変なこと考えてしまいました・・・・。

まち子ちゃん(北原)の舞台ご覧になっていたのですね。うらやましいです。
私は彼女が辞めてからなので残念。
やはりなんといわれようと、宝塚は夢々しい舞台が一番だと思います。
最後は悪者役のひとも、きれいなお衣装でシャンシャンシャン。

明日海りおちゃん、今回良かったですね。
だんだん力をつけてきたようで、嬉しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059274/39878331

この記事へのトラックバック一覧です: バラの国の王子:

« しだれ桜 | トップページ | なんだかなぁ »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

元気になるHP

最近のトラックバック