フォト
無料ブログはココログ

« パンダ桜 | トップページ | 眠剤について »

2011年4月 3日 (日)

Le Paradis!!-聖なる時!-

Aino

昨日、宝塚東京劇場花組公演、トップスター真飛聖さよなら公演を観てきた。

ミュージカル・ロマン「愛のプレリュード」は大劇場初の作・演出の鈴木圭先生。
私も彼の作品とはお初だ。
内容は世界大恐慌のさなかの一種のハードボイルド。
宝塚趣向的にはよくある話だった。
吉田優子先生のメロディーが美しい。

私はショーの「Le  Paradis!!-聖なる時!-」(藤井大介先生)のほうがとても楽しめた。
オーソドックスなシャンソンメドレーショー的な感じ。
最近のショーにはついていけないものもあったけれど、ショーは宝塚的な方が楽しめる。
口ずさめるシャンソンの歌な一種のノスタルジーを感じる。
シャンテ・シャンテ・シャンテを思いだした。(古い!)

星組時代から目をつけて(?)いたから、真飛クンとはこれでお別れかと思うと一抹の寂しさがある。

ショーが終わっても緞帳が下がらない。
あれ?何かの招待公演だった?
とおもっていたら、組長さんが挨拶にでてきた。

「(前略)・・・・・・私たちは悩みました。お稽古の時も、リハーサルになってもなお。この電力不足の中で公演をやってもいいのだろうか。そして私たちに何ができるのか。生徒の中でも休暇で帰っていて被災した者もおります。そして何度も話し合いました。・・・・(中略)
そして私たちにできることは精いっぱい舞台をつとめることと、皆様に義捐金をお願いすることです。ただ箱を置いておくだけでなく、生徒がお客様をお見送りしながら募金をお願いすることにしました・・・(後略)」

そして真飛クンのあいさつ。
自分の退団挨拶のことには一切触れず、被災地へのエールを送るために舞台を精いっぱいつとめることを真摯に話していた。

宝塚の生徒の中で、実際に阪神淡路大震災を経験した人もいるだろう。
公演中に経験した人は、ほとんどが退団しているだろうけれど。
その時もやはり安寿ミラさんの退団公演だった。
途中で中止になり、大阪公演をしていた細川たかしさんだったかな?・・・が劇場を変わってくれたという話もあった。

さて、かえろとするとロビーに、その日の当番の生徒が数人、散らばっていて募金箱をかかえて義捐金をお願いしていた。
私には名前も知らない下級生だったけれど、その目をみて「ありがとうございます」と言われると、その一生懸命さについつい「可愛い!」と一宝塚ファンにもどってしまったのは不謹慎だったかもしれなかったかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« パンダ桜 | トップページ | 眠剤について »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

やっと真飛さんのさよなら公演見てきました。芝居もショーも真飛さんの良さがでていましたね。劇場もシャンデリアも消され今日本は未曾有の状況にあるのだと言う事を,感じました。
私が見た公演は友の会貸しきり公演だったので、終焉後真飛さんがロビーに出て、お礼を言ってました。さりげなくいつのまに、って感じでしたけど。あまりの細さにびっくり。この様な時に、宝塚が公演を行うことは良いことか悪いことかわかりません。ただ、私が宝塚に夢中だった、昭和50年代って、とても良い時代だったんだなと思いました。

さよなら公演ご覧になったのですね、しかもナマ真飛クンも!
公演も素晴らしかったけれど、彼女たちなりの何かしなくてはという心が伝わってきますよね。
阪神の時はOGたちのチャリティー公演があり、ミネちゃんからすみれの花束を買ったのを今も持っています。(造花だから・・・)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059274/39470475

この記事へのトラックバック一覧です: Le Paradis!!-聖なる時!-:

« パンダ桜 | トップページ | 眠剤について »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

元気になるHP

最近のトラックバック