フォト
無料ブログはココログ

« 眠れない夜 | トップページ | 偽りの優しさ »

2010年10月21日 (木)

麗しのサブリナ

Saburina

先週、宝塚花組公演「麗しのサブリナ」を観てきた。
何の気なしに獲ったチケットは楽昼だった。
楽昼でも団体が入っている。
(以前、大楽に団体が入っていてむかついたことがあったが・・・)

今の私は楽であろうが、初日であろうが変わらないが、終わり近いほうが、芝居としては練れている。

ストーリーはあの有名なオードリー・ヘップバーン、ハンフリー・ボガード、ウィリアム・ホールデンの映画が下敷きになっている。
というかそのもの。
運転手の娘が、大富豪と結婚するシンデレラストーリー。

この芝居で楽しみだったのは、サブリナの衣装。
オードリー・ヘップバーンは、パリから帰ったら洗練され、ベリーショートで、とても可愛かった。
宝塚の方でもなかなか頑張っていたけれど・・・オードリー・ヘップバーンの役はプレッシャーが大きかっただろうな。
また、真飛聖はハンフリー・ボガードの役だけど、カッコよすぎる。
そこが宝塚の魔法だけれど。

そこそこ楽しんだけど、前ほどにのめりこむことができない。
やはり病気のせいだろうか。とにかく出かけるのさえ面倒で、家で寝ていたかったくらいだから。
それでも行く私って?(チケット代がもったいない=ケチ)

というよりも、華やかな舞台で一時の楽しさを味わいたかったのだ。
再発の恐怖や忙しい仕事、、家のゴタゴタなどを忘れたかったのだ。
でも何か心にある時は、舞台はみていてもボーッとしていて、何もみていなかったのは確かだ。
なぜなら、ショーは何も覚えていない。

そういいながら、11月3日は音月クンの日本青年館に行くし、11月21日は月組公演を見るし、12月12日はこれまた星組公演のチケットがあるし・・・。
なんだかんだ言って結局みている。

疲れるけれど、外へ出なければ本当に引きこもりになりそうだから。
なんとかまだ気持ちは前向きでいたい。

« 眠れない夜 | トップページ | 偽りの優しさ »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

私も、サブリナ見ましたよ。この作品は評判が良くて、平日でも立ち見が出てたくらいです。私も、病気になってからは、あまり熱中できず、ショーなどあまり覚えてません。mintさんはえらいです。仕事もしてて、私などパートもやめてほとんど、ひきこもっています。村行きも断ってしまいました。早く楽しく宝塚の話がしたいです。ちなみに愛と青春の旅立ちはとても良かったそうです。

まとぶん、退団なのですね。
小さい時から好きだったのに・・・(ノ_-。)

抗がん剤治療後で、髪の毛が生え初めてツンツンだったころ、サブリナカットにしようかとおもいましたけど、全部が生えそろわないのであきらめました。

私の宝塚追っかけ歴はマリコで終わりました。
今は暖かい目で宝塚を見守っているつもりです。
が!
ときどき「え?!」という作品もありがっかりすることもあります。

また体調が悪いとどうしても観る気になれませんよ。
途中で帰ったこともありますし。
でも去年ようやく村へ行きました。
紫苑さんのリサイタルを見てきました。青春が戻ったような感じでした。

「愛と青春の旅立ち」楽しみにしています。
また感想を書きますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059274/37328297

この記事へのトラックバック一覧です: 麗しのサブリナ:

« 眠れない夜 | トップページ | 偽りの優しさ »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

元気になるHP

最近のトラックバック