フォト
無料ブログはココログ

« マーシャの庭4月から5月 | トップページ | 引越し物語1 »

2010年5月28日 (金)

喘息戦線異常なし!

昨日は月に一度の喘息でおせわになっている病院へ。(写真)

Kudannzaka 立派に見えるでしょ。
こちらは健診の方の入口。
病院は反対側で、古~い木が立っていて、都会の真ん中なのに妙に歴史を感じさせ、ほっこりとします。
診察券こそ自動だけど、カルテはまだ手書きだし。薬も袋のデザイン古っぽいし。
病院は古くてもCTもMRIもあるし、先生も看護師さんも、みーんな優しいから、ここへくると和んじゃうんです。
私はここ(支店)でガンを発見してもらい本店(系列の大学病院)へ行ったのでした。
ここのDr.がそのまま見過ごしたら今の私は・・・。

今日は意外と診察室がすいていてすぐに呼ばれました。
相変わらず疲れていたので、本当は待合室ですこし寝ようと思っていたのに。
診察室へボーッと入ると

「どうしたの?げんきないね」
「なんだか毎日疲れて疲れて、眠れないし、PFは320くらいだし、咳をしたくてもその力がないんです」
わけのわからない理由。
咳をしすぎると、咳が出たくても力が入らないときってないですか?
つまりそんな感じ。

「喘息の方は大丈夫だよ。睡眠はねぇ、心療内科のDr.に相談したほうがいいね」
「肺に転移とかは?」
「遠隔転移はあんまりないし、大丈夫だとおもうけどね」

この病院でお世話になりたかった。
このDr.にお任せしたかった。
でも専門が違うし。

帰り道。
もう6月になるんだな。
今年も緑の散歩道を歩き「気」のちからを「木」からもらおうっと。

Photo

« マーシャの庭4月から5月 | トップページ | 引越し物語1 »

喘息」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
喘息をみてくれているドクターの優しい言葉って患者にとって安心感与えてくれますよね
良いドクターで羨ましく思います

ドクターの一言で辛い治療にも頑張れたりするものですよね

私もそんなドクターに診てもらいたかった

NARUTOさん、コメントありがとうございます。
本店・支店と患者は言い合っているのですが、もしかしたら支店をご存知かな?

この支店の内科部長(主治医の上司)がこれまたとてもいいDr.
当たり前だけど患者の心強い味方なのです。
またその話も書きたいとは思っていますけれどね。

でも最初のうちは、主治医とも普通の関係でした。
(変な意味じゃなくてネ)
あるとき、ヘラヘラしている私を主治医が怒ったのです。
それからは、いい意味での絶対服従!
そこにいたるまでは、別の友達のアドバイスもありました。
それもブログをやっていたおかげです。

支店は残念ながらどこなのか分かりません
それより喘息は大丈夫でしょうか?
mintさん婦人科の担当はどの先生ですか?

お互い人間だから相性ってありますよね

最近不安や不満やらで…すみません

NARUTOさん、本当にDr.との相性しだいでつらかった病気とも戦える気になれますよね。
相性も大事。
もしかしたら同じ日の担当の先生だったりして・・・。
だったら、どこかですれちがってますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059274/34905317

この記事へのトラックバック一覧です: 喘息戦線異常なし!:

« マーシャの庭4月から5月 | トップページ | 引越し物語1 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

元気になるHP

最近のトラックバック