フォト
無料ブログはココログ

« 膝痛ぅうう | トップページ | 今日のランチィィィゥゥゥ・・・ »

2010年3月30日 (火)

宝塚検定

世の中検定ブーム。
ついに宝塚も検定を行った・・・とニュースで見た。
問題の一部が紹介されていた。

Q.宝塚のフィナーレで下りてくる階段は何段?

「23段!!」と答えて思いっきり間違えた。
正解は26段。
なぜ、「23」と言ってしまったかというと、階段の幅が23cmだから勘違いしてしまった。
というより、今は検定を受けても3級すら合格しないだろう。
公式HPでの想定問題さえもわからない問題がある。
昔は(っていつ?)「歩く乙女」と言われたほど、生徒のことは何でも知っていたのに。

でもとりあえず東京にくるものは全部見ている。
東京宝塚劇場以外、日本青年館や卒業生の舞台も。

先日日本青年館へ宙組を観にいった。
最近は、舞台への予習も復習もしないので、白状すると何組を観るのかは、行くまで分からなかったのだけど。
宙組はあのカサブランカで私を魅了した大空祐飛クン!
期待大だったのだが、あっさり裏切られた。
いえいえ、祐飛クンが悪いんじゃないよ。
脚本がチープ。時代設定も内容もつまらないし、科白がよくない。
そのうえ衣装が最悪。近未来、第三次世界大戦後と言っているが、もっと宝塚らしい作品を観たい。
バウホール(東京は日本青年館)は、若手主演や若手演出家の実験的な作品を取り上げる劇場だけに、時には佳作にめぐり合うことも、原石とも思えるスターを見つけることもある。
でも基本的に宝塚は、綺麗で華やかで楽しくて・・・・。
最後は殺された悪人も生き返ってシャンシャンシャンシ・・・というのがいいなぁ。

そういうわけで、チケット代の大枚を払ったのに、観ているのがたえられなくて、一部だけで劇場を出て、友達とお茶をした。

もう何十回も観ていると、時にはそういう不作に巡り合ってしまうこともある。


乙女:「宝塚乙女」という全生徒が掲載されている名簿が毎年出る。
それには生まれた月日、出身地、ニックネームやらの情報が載っている。

« 膝痛ぅうう | トップページ | 今日のランチィィィゥゥゥ・・・ »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059274/34001956

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚検定:

« 膝痛ぅうう | トップページ | 今日のランチィィィゥゥゥ・・・ »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

元気になるHP

最近のトラックバック