フォト
無料ブログはココログ

« ゴンゾウ~命の刑事 | トップページ | 東京宝塚劇場 »

2008年8月 1日 (金)

ベルサイユのばら展

Photo_2 

日本橋三越で開かれているベルサイユのばら展に行ってきました。
池田理代子さんの原画展で、なつかしい連載当時のものが、そのままの形で展示されているという、これが原点(何の?)人は、こぞって行くべし。

今でこそ、背景などを描くのは楽になったのだろうけど、当時は、スクリーントーンを駆使したり、ロットリングの細かいラインで描く光、そして目の中の星、背景に散りばめられた薔薇の花・・・。

吹き出しの中の科白は、当時は別にバラ打ちしてから貼っていた。
一枚一枚が大変な手作業なのだ。

原画は、マリーアントワネットが、フランス皇太子妃となるところ、から始まる。
一方オスカルは生れたときのエピソードから。
マリーアントワネットを警護するオスカル。
それが二人の出会いの最初。

人の列は物語と一緒に進む。

仮面舞踏会。
フェルゼンとアントワネットの出会い。
黒い騎士、アンドレの怪我・・・。

オスカルの最初で最後のドレス。
これは服飾学校で再現されたのが飾られていた。
オスカルは身長172cm、バスト83cm、ウエスト63cm。
「ウェディングドレスのイメージで白にしました」と、池田理代子さんのコメントがついているように、白とGOLDの上品なドレス。

物語は佳境に入る。
明日は、戦場へいく二人の最初で最後の夜。
一夜限りの妻。

「千の誓いがほしいのか、万の誓いがほしいのか・・・」

原画をみながら、おもわず涙が出そうになった。

バスチーユへ。
宝塚のあの音楽と、オスカルを先頭にしたあの戦いのダンス。
振りの一つ一つが甦る。

アンドレの死。
「見えてないのか!」
オスカルの嘆き、そして叫び!
「アンドレーーー!!」

さらに戦い進むオスカル。
しかし、オスカルもまた・・・・。

「隊長、バスチーユに白旗が!」

「フランス、ば・ん・ざ・・い・・・」
オスカルの死。

榛名由梨から紫苑ゆう・・・。
私の中には、何人ものオスカルの死があった。

そしてついに、マリーアントワネットは断頭台に。

あぁ、原画と宝塚の舞台がオーバーラップしてしまった。
気分が高揚したまま、グッズ販売コーナーへと、客が動く。
ははは、買ってしまった。
この原画展オリジナルグッズのクリアファイル。

そしてやっぱりオスカルが好き!

(8月3日まで、日本橋三越にて開催)

Photo_3

« ゴンゾウ~命の刑事 | トップページ | 東京宝塚劇場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059274/22681986

この記事へのトラックバック一覧です: ベルサイユのばら展:

« ゴンゾウ~命の刑事 | トップページ | 東京宝塚劇場 »

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

元気になるHP

最近のトラックバック